SBS GROUP

環境への取り組み

持続可能な循環型社会の形成に貢献します

環境に対する考え方

環境問題がますます深刻化する中、企業活動における環境配慮は非常に重要な経営課題です。企業は経済的な価値を追求するだけでなく、環境保全に貢献していかなければなりません。私たちSBSグループは、環境保全に対する基本的な行動指針『SBSグループ環境方針』を策定し、これに則り計画を立案、実行しています。
当グループの主力事業である物流を中心に「車両」「施設」「社員」の3つの経営資源に着目して環境負荷の軽減に取り組み、持続可能な社会の形成に貢献してまいります。

SBSグループ環境方針

基本理念

SBSグループは、環境問題が地球的規模を持つと共に、次世代以降においても重要な問題であるとの認識を堅持いたします。社会的責任を全うした健全な事業活動を通じ、経済と環境が両立する持続可能な循環型社会構築の一助となるよう努力いたします。

基本方針

  1. 資源・エネルギーの有限性を認識した上で、有効利用に努めてまいります。
  2. 廃棄物の発生抑制・再利用・リサイクル及び適正処理を実施いたします。
  3. 国内外の環境関連法規を遵守いたします。
    また、グループ各社は同意した協定等を遵守いたします。
  4. 環境教育・啓発活動を通じて、全社員が本方針を周知徹底、実践いたします。
  5. 直面した環境問題に対し、グループ各社の垣根なく、能動的かつ機動的に対応してまいります。

SBSグループ環境マネジメント体制図
環境対策3つの柱


このページの上へ戻る