SBS GROUP

ニュース

SBSグループ従業員の新型コロナウィルス感染について

2020年09月08日

SBSグループ従業員の新型コロナウィルス感染について


 9月4日(金)、当社グループであるSBSロジコム株式会社の従業員が、新型コロナウィルス感染症検査で「陽性」であることが判明いたしました。
 なお、感染した従業員の状況および事業所の対応につきましては、下記のとおりです。


〈当該従業員の状況〉
同社 首都圏第二営業部 新砂支店内で夜間、乗務前点呼業務に従事。
・8月27日(木)・28日(金) 休務(交代勤務のため、所定の休日)
・8月29日(土) 夕刻出社 出社時の検温では、36℃台の平熱
・8月30日(日) 朝退社前 引継時に体調不良を訴えたため、医療機関の受診を指示
・8月31日(月) 休務し、医療機関を受診するも、翌日に改めて受診するように指示され、自宅で静養
・9月1日(火) 午後 医療機関を再度受診し、PCR検査を実施
 なお、従業員は肺炎の疑いがあったため、9月1日(火)より入院し、現在加療中
・9月4日(金) 夕刻 保健所より事業所に当該従業員の「陽性」の連絡が入り、
 事業所における日常の感染防止対策の実施状況を説明し、以下の見解を得る
 1)濃厚接触者はいない
 2)徹底された衛生管理により、2次洗浄に関しては行う必要はない
 3)業務の継続は、問題ない

〈事業所の対応状況〉
事業所では、日常的に以下の感染防止対策を講じています。
1)ドライバーを含む勤務者は、全員マスクを着用し、出勤時に検温を実施
2)事業所内では、サーキュレーター、扇風機等による強制換気を実施
3)点呼場では、点呼者とドライバーの間を隔てるビニールカーテンを設置
4)うがい・手指の洗浄および消毒の実施
5)事業所内の定期的な消毒の実施
6)昼食時は、ソーシャルディスタンスを意識し、着席

 SBSグループでは、お客様と従業員の安全を最優先に、所管保健所と関係地方自治体などと連携を図りながら感染拡大の防止のため必要な対策を進めております。
 関係者の皆様には、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

以 上


このページの上へ戻る