SBS GROUP

社会とのかかわり

お客様、従業員、地域社会などのステークホルダーと
より良い関係を築く活動を行っています

 SBSグループの企業活動は、さまざまな利害関係を有する方々との関わりのなかで進められています。
 SBSグループでは、サービスを提供している「お客様」をはじめ「株主・投資家」、ともに働く「従業員」、そして調達先や委託先などの「取引先」や、事業展開をする「地域社会」を主なステークホルダーと位置づけています。
 ステークホルダーに対しては、「お客様第一主義」「適正な情報開示」「働きやすい職場づくり」「パートナーシップ」「地域社会への貢献」をお約束し、ステークホルダーとのさまざまな対話を通じて企業活動に反映するとともに、企業市民として法令・マナー・モラルの遵守、環境保全、社会貢献を行うことなどを行動基準として定め、社会との共生に努めています。

お客様・従業員等とのかかわりはこちら(1,269kb)

※認証取得状況・人材育成取り組み状況などはCSRの取り組み「CSRデータ」でご紹介しています。

社会貢献活動はこちら(1,460kb)

「えるぼし」認証マーク

SBSホールディングスは、女性の活躍を推進する
「えるぼし」企業に認定されています。


このページの上へ戻る