SBS GROUP

健全な経営

経営の効率性・健全性・透明性の向上、実効性のある
経営体制の構築に努めることを目的としています

 SBSグループは、創業精神に基づき定めた経営理念および行動基準の実現を通じて、ステークホルダーとの良好な関係を維持しつつ、経営の効率性・健全性・透明性を高めることによって、実効性のある経営体制の構築に努めることを目的としています。
 また、株主の皆様をはじめとする利害関係者の方々に対する経営の透明性および経営の効率性の確保、ならびに企業倫理に基づく事業活動およびCSR経営の実践を基本とし、次の方針に従ってコーポレート・ガバナンスの充実と強化に取り組んでいます。

SBSグループのコーポレート・ガバナンス体制はこちら(2,032kb)

SBSグループのコンプライアンスの取り組みはこちら(764kb)

SBSグループのリスクマネジメントはこちら(711kb)

経営リスク一覧はこちら(1,415kb)

※気候変動リスクの詳細は「環境への配慮」でご紹介しています。

SBSグループの情報セキュリティへの取り組みはこちら(731kb)


このページの上へ戻る