SBS GROUP

ニュース(カテゴリ別)

CSR情報

SBSグループ/「春の全国交通安運動」 、街頭での啓発活動 に参加

ニュース:(CSR情報) | 2018年04月12日

PDF記事のダウンロードはこちら

 4月6日(金)から15(日)までの期間、「春の全国交通安全運動」が実施されています。 SBSグループは、啓発活動の一環として東京都トラック協会城東支部、警視庁城東警察署、および交通安全協会が開催する合同街頭活動に参加しましたので、お知らせいたします。

日本レコードセンター/未病サポーター養成研修を開催

ニュース:(CSR情報) | 2018年03月06日

PDF記事のダウンロードはこちら

 SBSグループにおいて、音楽・映像ソフト物流を担う日本レコードセンター株式会社(社長:菊地和彦、本社:神奈川県厚木市)は、神奈川県が推進する未病改善活動に協力し、“未病サポーター養成研修”を開催いたしましたのでお知らせします。

SBSグループ/平成30年度安全スローガンを決定

ニュース:(CSR情報) | 2018年02月02日

PDF記事のダウンロードはこちら

 SBSグループは、従業員ひとり一人が安全意識を常に持ち事故ゼロを目指すため、平成30年度SBSグループ安全スローガンを決定しましたのでお知らせいたします。

SBSフレイトサービス/2018年度新年祈願を行いました

ニュース:(CSR情報) | 2018年01月10日

 定温輸送、国際コンテナ輸送、特殊輸送、3PLを含む物流センター運営を手掛けるSBSフレイトサービスは、1月6日、横浜伊勢山皇大神宮において新春恒例の初祈願を行いました。

 今年の新年安全祈願は、新しくなった神楽殿にて執り行われ、天窓から柔らかな新春の陽光が差し込む開放的雰囲気となりました。社長の鳥海以下8名が出席し新しい年の交通安全と事業の繁栄を祈念いたしました。 


新しくなった神楽殿にて
境内にて

 30周年を迎えたSBSグループの一員として、今年も無事故・安全運転に努めてまいります。

SBSグループ/Gマーク認定事業所数が129事業所に増加!

ニュース:(CSR情報) | 2018年01月09日

PDF記事のダウンロードはこちら

 SBSグループは、(社)全日本トラック協会が昨年12月に実施した貨物自動車運送事業安全性評価事業(以下、Gマーク制度)2017年度安全性優良事業所※の評価にて、新たに9事業所が認定を受けました。これによりGマーク認定事業所数は129、取得率は、81.6%になりましたことをお知らせします。

SBSグループ/SBS鎌田財団が奨学金給付事業を開始

ニュース:(CSR情報) | 2017年12月12日

PDF記事のダウンロードはこちら

 公益財団法人SBS鎌田財団は、これまでの物流研究助成に加え、奨学金給付事業「奨学支援金制度」を開始いたしましたのでお知らせいたします。

SBSグループ/第2回SBSグループドライバーコンテスト開催

ニュース:(CSR情報) | 2017年11月28日

PDF記事のダウンロードはこちら

 SBSグループは、ドライバーの安全知識と運転技術の向上、グループ全体への安全意識の浸透を目的に11 月25 日、埼玉県トラック協会の埼玉県トラック総合教育センターをお借りして、第2回ドライバーコンテストを開催しましたのでお知らせいたします。

SBSゼンツウ/生活物流部門、「第2回改善事例発表会」を開催

ニュース:(CSR情報) | 2017年11月24日

PDF記事のダウンロードはこちら

 関東をはじめ東北、北陸、中部、関西、中国、九州地域において、冷凍・冷蔵・青果・ドライの4温度帯食品物流を展開するSBSゼンツウ株式会社(社長:近藤治水、埼玉県戸田市)は、11 月18 日、埼玉県戸田市のあいパル上戸田地域交流センターにおいて「第2回改善事例発表会」を開催いたしましたのでお知らせいたします。

SBSゼンツウ/難民雇用事業所として表彰を受けました

ニュース:(CSR情報) | 2017年11月14日

PDF記事のダウンロードはこちら

 食品物流を展開するSBSゼンツウ株式会社(社長:近藤治水、本社:埼玉県戸田市)は、11月12日、公益財団法人アジア福祉教育財団(以下、同財団)より、難民雇用受け入れに対する表彰を受けましたのでお知らせいたします。

SBSフレックネット/第49回全国トラックドライバー・コンテストに出場

ニュース:(CSR情報) | 2017年10月31日

 SBSフレックネット㈱佐久営業所に所属する橘木敏雄が第49回全国トラックドライバー・コンテスト11t部門に長野県代表として出場しました。SBSグループの従業員が全国トラックドライバー・コンテストに出場するのは初めてとなります。

 本コンテストは茨城県ひたちなか市の安全運転中央研修所で10月21,22日に行われました。当日は台風21号の影響で大雨と強風に見舞われ、傘の骨が折れたり、会場道路が川のようになるあいにくのコンディション。選手も応援者も全身ずぶぬれになりながらの参加になりました。

 橘木選手はSBSフレックネット㈱佐久営業所で、11t低床車を日々運転しています。1000点満点中900点を超える得点を獲得し、42人中23位と全国トップクラスのドライバーへの仲間入りも夢ではない結果となりました。また今回の出場を通じて安全・法規遵守にはさらに気を遣うようになったとのこと、学科試験の準備を通して法規はもちろん運行管理までの幅広い業務への理解が深まり、日々の運転に生かしているそうです。


橘木選手の運転する11t車
応援に集まった職場の仲間たち
(前列左から2人目が橘木選手)

 SBSグループはドライバーコンテストへの参加や自主開催により安全運転を通した交通事故防止に引き続き取り組んでゆきます。


このページの上へ戻る