SBS GROUP

ニュース

SBSフレイトサービス/『3.11』に寄せて

2018年03月12日

 東日本大震災から7年の月日が流れました。

 被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
未だ不自由な生活をされている皆様には、一日も早く安寧な生活が戻りますようお祈りしております。

 我々SBSフレイトサービス㈱宮古営業所は、岩手県宮古市に根を下ろして日々物流の一端を担って参りました。突然津波が襲って来たあの日、多くの方々が被災され宮古を離れてゆきました。我々の社屋は被災を免れましたが、お客様や従業員その家族は忘れることができない被害を受けました。

 困難な環境の中、我が社に復興のお手伝いの話を頂きました。ダンプカーとコンクリートミキサーを導入し、今では7台のダンプカーと5台のコンクリートミキサー車がSBSグループのマークを付けて宮古の街を走っています。

 復旧・復興は進んで来ましたがまだその道のりは長いものがありそうです。
安心して皆さんが宮古に戻って来られるその日が来るまで、SBSフレイトサービスは、復旧・復興のお手伝いを継続し、宮古地域の発展のためこれからも頑張って参ります。


復興現場で活躍するコンクリートミキサー車
宮古市内を走るダンプカー


このページの上へ戻る