SBS GROUP

コーポレート・ガバナンス

社会から信頼されるグループ経営に努めます

コーポレート・ガバナンスの考え方

SBSグループは、持株会社であるSBSホールディングス(株)を中心に30社を超える事業会社で構成される企業集団としてグループ経営の推進が重要であると考えます。すなわち、当グループが社会から信頼を得て企業価値の継続的な向上を実現するためには、常にグループ全体の経営の効率性、健全性、透明性を確保しなければなりません。私たちは、この実現に向けて「SBSグループ行動憲章」に則り「内部統制」「コンプライアンス」そして「リスク管理」を経営の重要な柱としてコーポレート・ガバナンス体制の構築を進めてまいります。

SBSグループ行動憲章

【 経 営 理 念 】

  • われわれの提案するサービスによって、お客様に喜ばれ、株主に喜ばれ、そして社員の幸せにつながる会社を目指す。

  • 企業の永遠の繁栄は、人を大事にすることにある。みなが生き生きと働くことが繁栄をもたらす。

  • 社会的責任なくして企業の発展はありえない。社会と共に生き、人々に喜ばれ、広く内外社会の発展に貢献する。

【 行 動 基 準 】

  1. 公正で透明性のある企業活動
  2. コーポレート・ガバナンスの推進
  3. 安全の確保
  4. 社会貢献と環境への配慮
  5. お客様第一主義
  6. 法令・規程の遵守
  7. 働きがいのある職場づくり
コーポレート・ガバナンス体制図
※詳細な体制図は「 株主・投資家情報情報 > 経営方針 > コーポレート・ガバナンス 」に掲載しております。


このページの上へ戻る